フレンチ・ジャズ

a0051752_10414756.jpg

さて、前回に引き続いて今回はフレンチ・ジャズのミュージシャンを紹介していきます。

フレンチ・ジャズを語る上で欠かすことのできないミュージシャンが二人います。

ジャンゴ・ラインハルト Django Reinhardt (ギター)

ステファン・グラッペリ Stephane Grappelli (バイオリン)


の二人です。

彼らは俗に言う「ジプシー・ジャズ」もしくは「ジプシー・スイング」と呼ばれるスタイルを確立した人たちです。

「ジプシー・スイング」というスタイルは日本ではまだあまりポピュラーな存在なものではないようです。もちろん「ジャズ」自体がそれほどポピュラーな音楽といえない現状で、その中のひとつのスタイルである「ジプシー・スイング」ですからそれは仕方のないことでしょう。

しかし、パリではこの「ジプシー・スイング」はそこそこ生活に浸透しているようで、地下鉄の駅や小さなカフェなど、街中のあちこちでジプシー・スイングの演奏が行われています。

ジプシー・スイングの楽器編成上の特徴は、ベース、ギターが2~3人、バイオリンくらいが一般的でそれにアコーディオンが加わることもあります。

「なぜギターが3人もいるのか?」「1人で充分ではないのか?」とあなたは思うかもしれません。
実は私も最初はそういう疑問を持っていました。

しかしこのような疑問は彼らの演奏を聴きこむと解消するのです。

だいたいソロを取るのは一人で、残された二人は一生懸命伴奏をしています。
それもジャズにありがちなシンコペーション(変則的なリズム)的な伴奏ではなく、4拍子の「ジャ、ジャ、ジャ、ジャ」という単調とも思えるリズムを繰り出します。

この単調なリズムが実はくせもので、フラメンコのように演奏を熱く煽り立てる効果があるのです。この熱い伴奏に後押しされ、ギターの人はソロをまた熱いソロを取ります。

1934年にジャンゴとステファンの二人が中心になって「フランス・ホット・クラブ・クインテット」を結成しました。パリを中心に活躍し、アメリカのジャズミュージシャンにも多大な影響を与えてきました。

ジャンゴは作曲家としても活躍し「マイナー・スウィング」をはじめ「ヌアージュ」、「ティアーズ」などの名曲を生み出しています。

まず彼らのアルバムを聞いてみてください。
ステファン・グラッペリはジャズ・バイオリンの第一人者というべき人で、その演奏は「水を得た魚」のようにすいすいと気持ちの良いソロを聞かせてくれます。

彼らのスタイルはジプシースゥイングとして確立し、今でも、後に紹介するビレリー・ラグリーンやローゼンバーグ・トリオ、リシャール・ガリアノなどに引き継がれています。

こちらで主なCDを紹介しています。

http://jazzcruise.blog.shinobi.jp/

PS-LX350HPS-LX350H
¥27,600

[PR]
by artlifecanada | 2007-02-20 10:41 | Jazz
<< フランスのジャズピアニスト ジャズクラブの楽しみ >>